海・旅・食。

結婚10年目の2013年8月に女の子を出産しました。しばらくは育児日記が増えると思いますが、よろしくお付き合いのほど〜(^_^;)
2007
03/30 23:52

タミフルの威力①

不本意ながら、東国原知事とおそろいになってしまったKIKOです。
(あの方は働きすぎですね(^^;)

それにしても、いやー、タミフルの力はすごいですね。

飲んで数時間、今まで38度以下には全然下がらなかった熱が
一気に36度台に!!Σ(゚口゚;

思えば2年前にも「インフル(疑)?」にかかったKIKO。
あの時は“鼻に綿棒突っ込み検査”もしてもらえず
5日間高熱に苦しんだものでした。
(その後、KIKO夫は熱の上がらない謎のインフルに・・・)

◇関連記事◇
・インフル?(疑)
・インフル?(疑)②

今回はちゃんとしてもらいましたよ、綿棒検査。

大きな病院は時間がかかるから・・・と思いつつ
歩いていける病院というと、いつも貧血でお世話になっている先生のいる
「クリニック」と言うわりには、結構大きな病院。
そこしか知らないので、フラフラしながら病院へ・・・。
(前日は39度近くまで熱が上がり、久々に死ぬかと思った)

受付を済ませ、待っていると思いのほか早く看護師さんが
「じゃ、最初に採血しますので処置室へ・・・」

エッ?(゚Д゚) ちょっと待ってよ。
普通風邪で血採んないでしょ!
今採られたら絶対倒れるから!!(>_<)

「あのぅ、今日は風邪で来たんですけど・・・」とおそるおそる言うと
しばらくして、やはり貧血検査と勘違いされた模様。

受付でちゃんと「風邪です。熱があって鼻水が・・・」と言ったのに(>_<)
確かにね・・・そろそろ検査しなきゃいけない時期だったんですけどね。
でもマジメに薬(鉄剤)飲んでないから来れなかったワケで(^^;

で、先生には高熱が出たことを告げたら「あやしいなぁ・・・」と言われ
2年前に念願だった、綿棒検査をしましたよ。

綿棒検査は・・・細っそい綿棒を鼻の奥~の方まで突っ込まれ
これが、くしゃみは出るわ、涙は出るわ
「はぁが・・・(苦しみの声)」と声にならない声は出るわ
かなりツライ検査となりました(>_<)

ついでに「点滴してく?」と言われ、どうせ待つならとしていくことに。

新しい病院なので、ちゃんとベッドひとつずつカーテンで仕切られ(普通?)
結構ベッドは空いているようです。

看護師さんに連れられながら歩いていきます。
けど、この看護師さん年の割には(失礼)慣れてないのかな?
なんとなくおどおどしてて(何も聞くなよ~)って雰囲気。

「えっと・・・何処でもいいですよ?何処がいいですか・・・?」
歩きながら、どのベッドが良いか聞いてくる。

えっと・・・どう見てもどれも普通のベッドなんですけど。
レストランの「お好きな席へどうぞ~」じゃないんだから(^^;
じゃぁ、この辺でと選んだベッドが間違いだった。

(どうでもいいところで)続く・・・
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KIKO

Author:KIKO
海大好き
旅行大好き
食べ物大好き

そんな毎日です。


※営利目的・アダルト関連サイトのコメント・トラックバックは予告無く削除させていただく場合があります。

1日1クリック!(^ー^)ノ
カウンター
ブログ内検索
過去のログ