海・旅・食。

結婚10年目の2013年8月に女の子を出産しました。しばらくは育児日記が増えると思いますが、よろしくお付き合いのほど〜(^_^;)
--
--/-- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008
08/17 01:56

韓国2008 ⑥ ~韓国エステ~

おかゆでお腹がふくれた後は、エステへGo!

前日、バスの中でガイドさん曰くエステは朝がいい!ということなので予定変更。
朝エステすることにしました。

どすこい!男のエステ~「天地然」 stop:ソウルナビ
体験記は男性ですが・・・内容はほぼ同じです。


徒歩で自力でお店に到着!(KIKOはくっついていただけですが)

入り口には、日本の芸能人のサインがたくさん!∑(゚□゚;)

P1010701.jpg

アントニオ猪木さんのサインが目立っていました。| ゚д゚|ノ1っ!2っ!3っ!ダー!!


地下の店内に入って・・・
木目調のキレイなロッカーが並んだ小部屋に案内されました。
(室内のロッカーの数は結構あるんだけど、貸切状態でした)

説明の順番を待つ間、先にチマチョゴリ撮影会をしましょうかということなので
受付のお姉さんに手伝ってもらいながら、チマチョゴリを試着!

そう、チマチョゴリも今回の大きな目的でした。

ダーッと並んだチマチョゴリの中から、自分のお気に入りを選びます。
赤がいいかな?ピンクもかわいいよね?
うーん、悩む!

色々悩んだけど、結局 『チャングムの誓い』(ちょっとだけ見ました(>_<))っぽい色合いのをチョイス。

P1010709.jpg
こんなんなりました~(笑)


撮影会が終わると、ロッカー室に戻り、渡されたピンクの服にお着替えタイム。
写真が無いのが残念ですが、その姿を撮る勇気はありませんでした
(ここからは写真が撮れないので・・・文字ばっかですよ(笑))

ピンクの服とセットになった、くしゅっとたたまれたもの・・・

パンツ?!と思ったら髪が落ちてこないように、かぶる帽子でした(^^;
なんだか給食当番みたいな・・・・


その後、色々と説明を受けます。
説明と言うか、これはいいですよ、どうでうすか?という案内ですね。
まぁ・・・高いのはそれなりにいいんでしょうけどね(^^;
ウチらは、予算範囲内で抑えたコースで

いざ!韓国エステ!!


1番最初は、ウワサの汗蒸幕(ハンジュンマッ)に挑戦!

「汗蒸幕」とは何かっつーと、狭いドーム型の超!高温サウナで、上層部は約700~800度、
中間は約500~600度、下層は約90~150度にもなるそうです(((( ;゚д゚))))

汗蒸幕の前で待機していたおばちゃんから、布の靴下を渡され、履き履き・・・

それから、ぶ厚い麻の布を渡されます。
それを頭からスッポリ被り・・・汗蒸幕へGo!!

扉が開けられ、頭を低くして1人ずつ入ります。


あ・・・


熱い!!( ̄ロ ̄;)


熱いなんてもんじゃない!


頭から被った麻布の間から、とりあえず、自分の定位置を探し・・・

って、少しでも麻布に隙間を作ると、否応無く熱気に打ちのめされるので
歩くことすらままならない(^^;

やっとのことで座り、麻布の隙間を塞ぐ。
けど、やっぱり熱くて死にそう・・・(>_<)

もう、周りを見ることも出来ないけど、「頭を低くしないと熱いですよ」と仲間の声。

5分~10分くらいが目安らしいけど、すでに気が遠くなってきた。

このまま・・・ここに取り残されたら、カラッカラのミイラみたいになって
死んで行くんだろうな・・・なんてぼんやり考えていました。

きっと、「地獄」があるなら、こんなところなんじゃいないかと・・・


まさに「灼熱地獄」!!!


おそらく5分も居ないで、逃げるように汗蒸幕を飛び出しました。

出たところに広々とした畳の休憩スペースがあったので、
そこで冷たい水を飲んで一休み。


ゼェゼェ・・・( ̄ロ ̄;)


おそらく今まで生きてきた中で、1番熱い思いをしたんじゃないかと・・・

すると、汗蒸幕で出来たゆで卵のサービス。
ダメ~!食べれない!って方も居ましたが、KIKOはパクパク・・・

その後、ほんわりとした温度の岩盤欲みたいなサウナで横になって待ち・・・(結構長かった)
さっきみたいな地獄はイヤだけど、これはこれで何かもの足りない(^^;


しばらくすると呼ばれて、温泉の方へ・・・。
脱衣所でスッポンポンになります。

で、最初に温泉につかり(結構熱い!)、ふやけた頃に順番に呼ばれ・・・

ウワサに聞いてた、黒いランジェリーのおばちゃんたちが出てきて(爆)
手を引かれ、温泉に隣接した別室へ連れていかれました。

そこには、手術台のような白いツルツルしたクロスの引かれたベッドが。
まさに「まな板の鯉」状態。

そして、厳かに垢すりが行われました。

初め、痛いのかな・・・と思ったけど、それほど痛くもなく結構気持ちよかったです(*^^*)

おばちゃんは、日本語ほんの少しだけ・・・
「ウツブセ」「アオムケ」「ハンタイ」など・・・
しかもKIKO担当のおばちゃんは、よく聞き取れず苦戦しました
特に、「ハンタイ」が身体を裏返すのか、頭を反対の方向に持って行くのか・・・

けど、迫り来る黒ランジェリーおばちゃん(笑)
お腹はタオルを巻いて隠れていますが・・・
何故?!水着とかでもいいじゃん!
ちなみに男性の方は、パンツ一丁のおじいちゃんだそうですが・・・(^^;

一度、高麗人参とか、ヨモギとかのお風呂で流して・・・また呼ばれ、再開。
思ったより長時間でした。

それからキュウリパックもしました。
冷たいぃ(>_<) そして、キュウリのニオイがスゴイ(^^;
けど、これでお肌がツルツルに・・・(なった気がする)

そんなこんなで垢すり終了。

鏡の前で、ガウンを着せられ・・・
何故か最後のKIKOだけ、待てど暮らせど誰も来なくて、鏡の前で
裸のまま数分放置される・・・という仕打ちを受けましたけれども(笑)


スッキリして出てくると、今度はマッサージ&ペディキュアのサービス。
これまたコリがほぐれて気持ち良かった~


一連の金額は8,000円くらいだったかな?
これだけいろんなコトをしてもらって、この金額は安い!と思いました。

(過去に行った台湾のマッサージ屋さんは、マッサージだけで1万以上かかったのに
 深夜だったので、寝てしまってほとんど覚えてないし(笑))
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KIKO

Author:KIKO
海大好き
旅行大好き
食べ物大好き

そんな毎日です。


※営利目的・アダルト関連サイトのコメント・トラックバックは予告無く削除させていただく場合があります。

1日1クリック!(^ー^)ノ
カウンター
ブログ内検索
過去のログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。