海・旅・食。

結婚10年目の2013年8月に女の子を出産しました。しばらくは育児日記が増えると思いますが、よろしくお付き合いのほど〜(^_^;)
2011
04/16 00:42

正しく恐れる。

今週は、地震から1か月を迎え・・・
私たちの住む福島県はまだまだ沢山の問題を抱えているけれども
やっと、少しずつ前へ・・・

と思っていた矢先、ちょうど1か月後にデカイ余震が来るらしいよ
といううわさ通り、デカいのがどかんと来て1か月前のあの日がフラッシュバック。
しかも、その後の小刻みに来る余震がずっと続き・・・
そんなところもあの日とそっくりで
そしてさらに次の日もまたデカイのがどっかんと来まして・・・

さすがに心が折れました。

なにが怖いって、地震自体は危険な建物にいなければ、
本震よりデカイのは来ないということなので、とりあえず怖いけど大丈夫。
が、地震→津波→原発!大丈夫かな?!
って、まるで連想ゲームのように考えては、怯える日々で・・・

津波来ないで・・・
これ以上何事も起きませんように・・・!と祈るのみ(>_<)


そこに加えて、福島人が差別されるとか
国民を引っ張っていく人たちの中途半端で煮え切らない指示、
東電幹部のひとつも誠意が感じられない態度
そして震災後すぐにゴーストタウンとなってしまった避難区域のこと

さらに予言が当たったとか何とか、みんな怯えているし


原発についてはお恥ずかしながら、今まであそこで
東京の電気を作っているなんて、つゆ知らず・・・
意外とそういう人多いですよね、きっと。

で、よくわからないから、原発に詳しい専門家、研究家の意見に耳を傾ける。
が、みんな言うことがバラバラだったり・・・

それは、不安を煽る予言めいたものや、危険だ、今すぐ逃げた方がいい!と言うものから
もちろん安全ですとは言えないけれども、過剰に恐怖心を持つ必要はない、というもの。

色々で・・・

でも人間って、やっぱりより強烈な方へ興味をひかれていくんですよね。

どの専門家の言うことを信じるか・・・何を信じるか、ということになると
時には論争が生まれたり、それが平行線を辿って永遠に和解できない、みたいな。
そこを突き詰めていくと、まるで宗教だな、と感じてしまったり。


前にも言ったとおり、私には同じ趣味のお友達がたくさんいて、
みんな心配してくれて・・・
そんなお友達の1人が紹介してくれました。

副島隆彦の学問道場 今日のぼやき

大丈夫なんです。って・・何自信たっぷりに言ってんだ?
こんな楽観的なの信用できない!って人がいるかもしれない。


けれど、危機感を煽るものばかり読んで常に恐怖心、不安を感じていると
精神的にも良くない。
精神的、肉体的に疲れた状態でいると、抵抗力が落ちて体も壊しやすいとのこと。

避難所から病院に運ばれてくる人たち、前は低体温症とかが多かったのが
ここに来て避難所生活のストレスも大きくかかわってくる肺炎など
病気を発症する人も多いらしい。

そんな思いしてダメになっていくのなら、少しでも癒されて
元気になった方が良い。

もちろん、何を信じるかはその人次第なので・・・
ここで「いやそれは違うよ」と言われても、でも私はこっちを信じます、
としか言えないわけで・・・
信じる、とか言ってるとほんと宗教みたいですねw
それでも不安を感じる人は避難するしかないのかな、と。


何が起きるか予測できない。

だからこそ、いざと言う時の覚悟と準備はしておいた方がいいと思うけど
それに振り回されて混乱しても仕方ないですよね。
地震は防ぐことはできないんだし・・・


長く、しかも固い文章になりました(^^;

先ほどの副島の話ですが、確かにあれ以来放射線量は落ち着いている。
テレビの報道では、原発の作業は思うように進まず、温度が上昇だの
汚染水がどうのと言ってて、思わず((((;゚Д゚)))ブルブルってなりますが、
それがどういうことなのか、危険なのか、説明が無いからやたら怖くなる。

私の大好きな池上彰さんも言っていたとおり

「正しく恐れる」

ということが大切なのかなって思いました。

なんだか肝が据わってきたかな?(^_^;)
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KIKO

Author:KIKO
海大好き
旅行大好き
食べ物大好き

そんな毎日です。


※営利目的・アダルト関連サイトのコメント・トラックバックは予告無く削除させていただく場合があります。

1日1クリック!(^ー^)ノ
カウンター
ブログ内検索
過去のログ