海・旅・食。

結婚10年目の2013年8月に女の子を出産しました。しばらくは育児日記が増えると思いますが、よろしくお付き合いのほど〜(^_^;)
2013
08/13 17:42

出産当日のことなど。

ちょっと記録として残しておきます。
痛い話や生々しい話も出てくると思うので、あしからず(^_^;)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
その日の朝は、いわゆる「おしるし」から始まりました。
妊娠初期の頃、結構出血があったりして色々大変だったんだけど、それ以来何事もなく毎日を過ごしてきたので、ちょっとビックリ。

予定日はお盆の真っ只中8月14日と迫っていたので、不思議ではないんだけど、なんとなく遅れるかなぁと思っていたので(^_^;)
ただ、ビデオカメラを価格.comのキャンペーンで1円で購入するに当たって、NTTの工事が入るのが9日だったので、それまでは産まれないでね~とお腹にお願いしてました。(そんな理由w)

で、夕方くらいになると、ん?これって陣痛?っていう生理痛のような痛みが。
初産は進みがゆっくりだというので、とりあえず早めにご飯、シャワーを済ませ、寝れるんなら、ちょっと寝ておいた方がいいかな?と横になった時には陣痛は30分間隔くらいになっていました。

その後、寝ながら(といっても眠れず)カウントを続けていたら、だんだん強い痛みになってきて、ついに10分間隔に(*_*)
深夜0時半くらいに病院に電話。

旦那には、一応この日はお酒飲まないでとお願いしてたので、旦那の車で病院へ。
何故か、眉毛くらい書かないと、とかサンダルはどれ履いて行こうとか、どうでもいいことを気にする私w
痛みの波が来ると動けないくらい痛いんだけど、波が引くと普通に行動できる不思議…

病院に着いたのは深夜1時過ぎでした。
着くとすぐに旦那に荷物を預けて、病院着に着替え、子宮口や赤ちゃんの心音などをチェック。
点滴をつけられたけど何だっけ?子宮収縮??忘れました(汗)

子宮口は3cmとのこと。
けどまだ赤ちゃんは下に降りてきていないということで、しばらくそのまま苦しみ…
旦那が横に居ましたが、飲み物持ってきてと頼んだぐらいで、あと本人は何をしていいのかわからない様子。
「大丈夫?」と何度か聞かれたけど、大丈夫じゃないし、それすら答えられないんだけど、まぁどうしていいのかわかんないんでしょうね(^_^;)

看護師さんが来て「破水させますねー」と、何か(針みたいのかな?)を入れると生温かいのがジャーと出てくるのがわかりました。

その後、どんどん陣痛が強くなり呼吸方もままならず「痛いよう!」と、のけぞるくらいに。
何か捕まるものが無いと耐えられない!
最初、病院涼しいな~と思っていたのが、いつの間にか汗だくに。
旦那にタオル持って来て、と頼み、こんなに苦しいのってある~?!と思った時に看護師さんが腰をさすってくれ…
胃カメラ飲んだ時も思ったけど、看護師さんの「さすさす」は、どうしてあんなに効くんでしょうね。そう、そこ!みたいな。

そして子宮口7cm→10cmになり、何故だかものすごく力が入る!「いきみたいよね?じゃあ、そろそろ、いきんでみようか?」とのことで、痛みの波が引いた時に、すばやく分娩室に移動。


続きます!
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KIKO

Author:KIKO
海大好き
旅行大好き
食べ物大好き

そんな毎日です。


※営利目的・アダルト関連サイトのコメント・トラックバックは予告無く削除させていただく場合があります。

1日1クリック!(^ー^)ノ
カウンター
ブログ内検索
過去のログ