海・旅・食。

結婚10年目の2013年8月に女の子を出産しました。しばらくは育児日記が増えると思いますが、よろしくお付き合いのほど〜(^_^;)
2006
04/25 22:02

『さくらん』

映画化されるんですね。
今日知りました。

この漫画、ヴィ○ッジ○ァンガードなんかで買ったので
結構マイナーなのかと思っていたのですが、
さすが安野モヨコ先生ですね。
(「先生」とかってファンレターっぽいので、あまり
 使いたくないんだけど、他に言い方が見つからなかったので・・・)

もともと安野先生の作品は好きで、『ハッピーマニア』は
20代のマイバイブルでした(そこまで?!)

で、『さくらん』は久々の「名作」でした。

20060425212232.jpg

知らない方のために、『さくらん』を簡単に説明すると・・・。

時は江戸時代。花魁「きよ葉」の半生を中心に
江戸吉原の人間模様を描いた作品で
作者は『ハッピーマニア』の安野モヨコ先生。

(いいんか、こんな説明で・・・)

まぁ、興味のある人は読んでみてください。

ちなみに1巻が出ていますが、どう見ても続く感じなのに
「イブニング」で第2部始まったり休載したりで(読んでないけど)
2巻が出るのはいつの日よ~?って感じです。
(結構あるよね、そういうの(^^;)

この作品を読んだ時に思いました。

是非、映像化してほしい!!

というか、映像向きなんです。
どのシーンを見ても。

最近、マンガがドラマ化・映画化されるのが普通になっていますね。
以前は「イメージが違~う!(-"-;)」となってしまうのが
難点でしたが、最近は結構忠実に描かれていたりして許せたりします。
(あんまり漫画自体に思い入れが強いとダメだけど)

そういえば、『ハッピーマニア』もドラマ化されていたことを
今思い出しました。(稲森いずみさん・藤原紀香さん)

でも『さくらん』は遊廓のお話なので、忠実にやれば
18禁になってしまいそうですが・・・。

いえ、でもなぜかいやらしい感じはしないのです。
キレイだからかな・・・?
「雅」 その一言につきるような・・・
女同士の戦いの部分では『大奥』に通じるところもあるような・・・。

あぁもう、興味のある人は読んでくださいってば!(説明ベタ。)

そして気になる映画は、来年の春公開です。(遠い・・・)

主演のきよ葉は土屋アンナさんで、期待の粧ひ姉さんは菅野美穂さん!

今日朝の番組で撮影風景見ましたが、かなり期待できそうです^^

映画『さくらん』公式サイト
↑興味のある方はどうぞ~^^
(興味のナイ方には、興味のナイ話でゴメンナサイ・・・)
スポンサーサイト
うぉおおお( ゚Д゚y)y !??
マジですか!?
(借りっぱなしですいません・・(ノД`)
「さくらん」私もハマりました!
何度も読み返してますっ
映画でも衣装の着物はこだわりが
あるんでしょうか??
かなり観たいです(*´∀`*)
[ 2006/04/27 00:21 ] [ 編集 ]
双子の妹さま
お気に召されたか!!

映画の撮影シーン、ちらっと見たけど
絢爛豪華!って感じだったよ~
頭はかなり重そうだったけど。

映画は、来年の春まで待ちましょう・・・(*^^)
[ 2006/04/27 21:30 ] [ 編集 ]
お久しぶりです(^_^)
安野モヨコ先生(←つられて)好きですよ☆彼女の作品はパワーがあってステキです!
さくらんは見たことあるけど読んだことないです~。”江戸”っていうのが気になりますねぇ。。
[ 2006/04/29 21:44 ] [ 編集 ]
彼女に関しては賛否両論だったりするけど
KIKOも全部読んだわけではないけど
(「シュガシュガルーン」とか、知ってる?)
やっぱり好きです^^

「さくらん」も最初はエロ系(笑)かと思ったんだけど
意外と読みやすいし、読むにつれて
どんどん引き込まれてくマンガでした。
[ 2006/04/29 23:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KIKO

Author:KIKO
海大好き
旅行大好き
食べ物大好き

そんな毎日です。


※営利目的・アダルト関連サイトのコメント・トラックバックは予告無く削除させていただく場合があります。

1日1クリック!(^ー^)ノ
カウンター
ブログ内検索
過去のログ